今回、開催する予定のセミナーは2つあります。

ひとつは低額、ひとつは高額です。

まずひとつめ。

題して

「一通のメールで読者をファンにし、四通目で売り上げを爆発させる”例の”パ
ターン」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

まあ、平たく言えばメールの書き方ですが、少しそれ以外に関しても言及します。

小道具の使い方というか、何と言うか。

そのメールの効果を120%引き出すために必要なこと全部、って感じかなと。

ファンになってもらう、ということは、少なくとも信用してもらい、
好きになってもらう必要があります。

その方法は、実は(膨大な理論的背景に支えられているとは言え)種を明かせば
とても簡単だったりするのですが、その辺の話をします。

ちなみに、信用してもらうと言っても、数字を見せるとか顔写真がとか
そーゆー話ではないです。

好きになってもらうと言っても媚びへつらうとかいい人キャラにするとか、
そーゆー話でもないです。

人間心理の特徴を逆手にとった方法で、んー、場合によっては、一通目で
販売も可能です。

もちろん売り上げが爆発、というわけにはいかずそれなりの金額にはなります
が・・・。

メールを使ったブランディングの悩みとして、

「すごい情報を送り続けたつもりなのに、感謝のメールも来るのに、
いざ販売の段階になると肝心の成約率が悪い」

というものが、比較的多くの人から聞くことができます。

これは結局、メールにおけるポイントをずらしている可能性が高いんですね。

「すごい情報を送る」ことは必要条件であっても、十分条件ではない。

感謝のメールが来ることも「必要条件」だけど「十分条件」ではない。

「送り方」の問題もあるし、「見せ方」の問題もある。

それは非常に細かい部分も含まれますが(たった一語の使い方など)、
でもそーゆー部分の積み重ねで、大きな大きな差になってしまうのです。

だからこそ、下で説明していますが、その「細かい」部分にも解説が行き届き、
実物を見て「実感」してもらうために今回「テンプレート」を用意してセミナーを
することにしたわけです。

このセミナーは、もう、売り上げ一直線。

直結系。

文章の質とか完成度とかそういったものは二の次で、とにかくシンプルに
ファンを作る方法についてお話します。

つまり、僕がまず話したがらないタイプのセミナーになるわけですね(笑)。

どの辺が”直結”なのかと言えば、先ほどもチラッと言いましたが、
メールの書き方をゼロから教えるというよりもむしろ

一通目のみならず、続く四通のメールのテンプレートとゆーかプロトタイプを提示
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

することによって、あらゆる業界に応用可能な一連のブランディングメッセージを
作り上げることができるようになっている点です。

情報販売から物販から店舗販売からスクールから学校から士業からコンサルタン
トから
もう僕が知る限りどの業界でも、です(ただし、当たり前ですが例えば
弁護士資格のない僕が弁護士業界でこのメールを使っても意味がないように、
そもそもお金をもらう資格を持たない場合はブランドなんか作れません)。

使いたければ、コピペで使ってもらってもかまいません(もちろんテンプレート中の
商品名などは変えなければ使えませんが 笑)。

よく、

「オプトインから販売まで、どのくらいメールを送ればいいんですか?」

という質問をもらいますが、僕の答えはいつも

「必要十分なだけ送ってください」

です。

今回は、僕が考える「必要最低限」のラインをお話することになります。

週1でメールを送るとして1ヶ月。

これが最短ラインだと思っています。

もちろん効果をさらに上げたければ間に何通かメールを挟む必要はありますが、
最低限四通あれば、そして今回示すようなメールを送ってくれれば、
サラリーマンの平均年収くらいは毎回売り上がると思っています、個人的に。

もちろん、いつもそうであるように心理学とその周辺を応用した話になりますので、
普通の人間関係や恋愛にも応用可能。

心理学的に効果のある理由も当然説明しますので、すでに僕のセミナーを
受講した人であれば、自分なりに応用していくことも可能でしょう。

また、”例の”というタイトルからもわかる通り、僕のセミナーを受講している
勉強熱心なメンバー様たちにとって(笑)目新しい話では、多分ありません。

が、誰も日本ではできていない(やってすらいないorそもそもそこまで深く
この知識を掘り下げていない)という事実を考えれば、まあ今この段階で
このテンプレートを入手し、背景知識も学び、実践に移せる、というのは
素晴らしくプラスになるとは思います。

(※あ、昔の神田さんはこの手法が抜群にうまかったですね。
4通のメールとかには落とし込んでいなかったし、そもそも意識していたか
どうかはわかりませんが・・・)

おそらくは既に知っている知識を、完全に実証された形でそのまま提供する
セミナーです。

ご存じの通り、僕は基本的にこのようなセミナーはしません。

なぜなら、コピペばっかりするやつが増えたり、頭を使わないやつが増えたりして、
いいことが何もないからですね。

だから、今後このセミナーやビデオの一般販売は、当然しません。

何かしら僕のセミナーを修了しているなど、教えても大丈夫だと判断した人にしか
話さないと決めています。

しかし同時に、僕のセミナーなどでしっかり学んでくれている人にとっては、
あまりに便利な”ツール”になると確信しています。

具体的にメールを使ったブランディングの全体像が、そのまま利用できる
テンプレートベースで確認できるわけですから。

テンプレートでもあるのだけど、本質的には、地図、みたいなもんですね。

うん。

ただ、ここまで読んでわかるかと思いますが、リストを全く持ってない場合、
これからも集める予定がない場合(これは違った意味で死活問題になると思いますが
苦笑)は、効果は多少落ちるかと思います。

例えばブログとかメルマガ広告とかに書く、という場合。

もちろん普通に記事や広告を書くよりははるかに反応取れるはずですが、やはり
オプトインリストをある程度(目標金額にもよりますが、1000あれば大概十分)
持っていた方が爆発することは間違いありません。

そもそもがメールの書き方、メールにおけるブランディングテンプレートですから。

ですので、今ブランドができている必要は全くないです。

リストはオプトインしたて、という前提でテンプレートを作っています。

ちなみに。

このメールのテンプレートは、若干文面は異なりますが、

日本・英語圏ともにテスト済み、実証済み
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

その他の言語ではテストされてませんが、多分当てはまると思います。

つまり、100%とは口が裂けても言えませんが、かなり普遍性がある、とは言
えます。

そう僕が思う理由も、当日説明します。

開催は、12月中旬の平日、東京を予定しています(会場の関係で前後する可能性
あり)。

価格は5万円。

ビデオ受講あり。

ライブ参加は40人程度を予定していて、とりあえずビデオ受講も全部合わせて
100人程度を上限に見ています(オプトインリストを持っている人向けなので、
そこまで申し込みもないでしょうが 笑)。

それに、まあ、まさかやらないとは思うけど、一応コピペも許可してるんで・・・
ね(笑)。

一応様子見期間ということで。

それに、木坂史上、初めて話す”ド直結系”の内容なので、内容に関して
フィードバックもほしいですし。

その結果最初で最後になったりして(笑・・・えねー)。

100%先着順。

申込方法は下記参照。